腸内環境をよくするために!

img-know-how002-01
以前、ピロリ菌がいるかもしれないと言うことで
検査をしてもらいました
結果、ピロリ菌おらず
えっじゃあ、わたしの栄養不足の原因は何
食べたものがシッカリ吸収される
身体になりたいわー
美味しい物を食べて
身体にもいいなんて最高じゃない
目指すはここですね
ピロリ菌がいないとなると
他に何が考えられるんだろ??
で、思いついたのが
・よく噛む

・腸内環境の改善
わたし、あまり噛まずに食べる習慣が
あるんです
小さい頃に早く食べることを
強要されたのがトラウマ
子どもにも
「ママ、もう誰も怒らないからよく噛んで食べなね」
とか言われちゃうほど(笑)
よく噛むことで、食べ物の細胞を壊し
少しでも吸収させようという考え
そして、それらの栄養を吸収するのは腸
まず手始めに便秘の改善に注目
「2〜3日に一度でも、辛くなければ便秘じゃない」
とよく耳にしていたので
自分は便秘じゃないと思い込んでました
でも、よくよく勉強すると
便は毎日出すのがいい
あと、ニオイとか形、色も重要
(ちょっとこの辺からクサイ話ですので注意!)
理想はバナナのような形&色で
臭くないニオイ。
確かに、今までは形は良くても
色は黒っぽくクサイ
これは、腸の中で腐敗が進んでる証拠。
だから、色もニオイも悪くなる
おならがクサイのも同じ理由で
ってことで、くびれしぴでやめていた
ヨーグルトを復活し、
寒天ゼリーとかオリゴ糖とか
試したりしてる最中でございます
便秘解消=ヨーグルト

ってイメージがありますよね。
でも、ヨーグルトのビフィズス菌の種類が
合う合わないと、人によりマチマチですので、
どれでもいい訳じゃないんですよ
一人一人、持っている腸内細菌が
違いますので、自分に合った物を探す必要があるのです。
今のところ、毎日までいかずとも
いい感じになりつつあります
と、同時にお肌の調子がいいのは気のせいかしら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

企業で講演会