こだわりのうどん屋「だんべ」さんに

IMG_0286
日曜日はお隣の群馬県まで日帰りツアーをしてきました
目的は地粉を使ったうどんを食べに行くこと
群馬県産の小麦を挽くところから店でやっている
うどん屋さんがあるとの事で、
これは国産小麦ファンとしては行かねば!と思い、
伺ってきました
通常、スーパーで目にする小麦粉は
オーストラリアやアメリカなどの輸入物がほとんど。
あの有名な香川の讃岐うどんも
輸入小麦で出しているお店がほとんどです
品質も安定していて、値段も安いですからねー
ただ、国産小麦粉は輸入品とは比べ物にならない
旨味や香りがあります
シンプルなうどんなら絶対に美味しいに決まってます
期待に胸を膨らませ、
「だんべ」さんへ
(群馬県前橋市富士見町時沢860-3)
こだわりは粉だけでなく、
練り込む塩、麺の切り方やつゆの出汁、
看板メニューの肉汁うどんに使用する
豚肉もと、とにかく店主のこだわりが強い
頼んだのは一番人気の「肉汁うどん」と「かき揚げ」
冷たいうどんを温かい肉汁につけて
食べるスタイルです。
IMG_0278
小麦の皮が入る為か麺の色は
少し茶色がかってます。
切り方もつゆに絡まりやすいように
太さや長さもバラバラ。
IMG_0283
まずは何も食べずに一口。
コシが強く、もっちりとした噛み応えのある麺。
自然とよく噛んでから飲み込みます。
噛んでいると口の中に小麦の芳醇な香り、
旨味が広がるんですよね〜
練り込まれた塩がしょっぱ過ぎず
これまたいい塩梅
IMG_0285
次は肉汁につけて。
もち豚のコク、つゆの出汁とかえしの甘味が
太麺に絡んで複雑な味を作り出します。
途中で添えてある太いきんぴらと椎茸を
肉汁に投入。
きんぴらが辛しょっぱく味付けされているので
肉汁の甘味を引き締めてくれます。
と、3通りの食べ方で楽しめるんですが…
わたしは、なーんにもつけずにそのまま食べるのが
一番好きでした
忘れちゃいけない大きなかき揚げも
数量限定とのことで、わたし達が帰る頃には
すでに売り切れでした
IMG_0281
手のひらサイズの大きなかき揚げには
玉ねぎがたっぷり
コーンや椎茸まで入っていて
揚げたてサクサク
お腹が空いていたわたし達は
1人1個頼んだのが後で悔やまれます
お腹一杯になり過ぎて、
この後、道の駅巡りしても
名物を全く食べられないという
まぁー目的はうどんで、
十分堪能したから満足ですけどね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です