ミートデリカコンテスト出場

主催が全国食肉事業協同組合なので、 主旨としては 国産食肉を使用した惣菜メニューを開発し、 向上と普及を図るもの 食肉小売店で新惣菜メニューとして広く活用できるように と毎年開催されているコンテスト。 昨年までの様子や作品はこちら(

後援が農林水産省だったり、 審査委員には料理研究家の江上栄子先生や フードコーディネーターの尾身奈美枝先生など TVや雑誌で大活躍されている方、 有名ホテルの総料理長や 海外で料理を作っていた経験のある方など が名前を連ねている壮大な大会ですベル

出場者は各都道府県の代表36名。 1時間で惣菜パック4つを調理するんですが、 慣れない場所&道具でしたので すごい緊張しましたあせる しかも、作ってる最中にインタビューされたり、 審査員の先生方が質問してきたりとドキドキの連続。

でもね、わたしの作品は華やかさはないけど インパクトがあるので、審査員の先生方から 「すごいね~」 「これは面白いな~」 なんて必ず声をかけられるというにひひ

尾身先生からは 「レシピ見たときから気になってたの~ 食べるの楽しみにしてるわね」 なんて嬉しいお言葉まで頂いちゃいました音譜

さて、そんな気になる?作品はこちら

新潟 長岡市の料理研究家・松丸まきの仕事や日常のこと

大きいので見たとたんに「わぁ!! となるのがねらいなので あえて切らずにそのままひらめき電球 というか、はみ出てます(笑) ネーミングもそれにひっかけつつ、 輪の麩、和風にかけてみましたべーっだ!

味をつけた車麩に鶏ひき肉をのせて、 パン粉を付けて揚げるだけという 材料も調理もシンプルなもの。

だって、主旨に お肉屋さんのお惣菜メニューとして活用 ってあったので、 「あまり手が込んでいたり、 材料をたくさん揃えるものは向いてないでしょー」

って、強気で行ったものの・・・ いざ、調理が終わって、 みんなが作った作品が並んでいるところを見ると なんとまぁーわたしの作品は華やかさが無いことかガーン

全部のレシピをもらったんですが、 材料も調理もこれまたすごい手の込みようキラキラ デパ地下の総菜売り場に並んでいそうなものがズラーリ。 (過去の作品みると雰囲気がわかると思います

他県の気合いの入りように圧倒されながら、 いよいよ審査発表をむかえました。

5位から順に呼ばれていくんですが、 5位、4位あたりまでは「もしかして?」 なんて期待もちょっとありました。 しかし、3位でも呼ばれなかったので 「もう無いな」と諦めモード突入ダウン

そしたら、なんと2位の農林水産省生産局長賞で 名前が呼ばれるという驚きの事態が叫び ビックリして意識飛んで倒れそうになってしまいましたあせる 「もし入るとしたら、下の方か審査員特別賞あたり?!」

なんて思っていただけに こんなに上位に食い込んでビックリし、 でも嬉しくて必死で涙をこらえながら 壇上で賞状と賞品をもらい・・・

作品を仕上げるまで「もう食べたくない」 と言いつつも何度も試食をし、 アドバイスをくれた家族に感謝ですラブラブ

とコメントしてきました王冠1

終了後に尾身先生と少しお話させてもらい 色々とアドバイスをいただき、 写真まで一緒に撮らせてもらっちゃいましたラブラブ!

新潟 長岡市の料理研究家・松丸まきの仕事や日常のこと

最後になりましたがこの大会の出場に当たり応援し、 「気楽にいっておいで」と温かく送り出し 支えて下さった新潟県食肉事業協同組合のみなさま どうもありがとうございましたキラキラ

新潟 長岡市の料理研究家・松丸まきの仕事や日常のこと

]]>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です