たんぱく質を摂りすぎると?!

先日、栄養講座で
「たんぱく質は大事だから、しっかり摂りましょう」
とお話したところ、
数名の方から
「どれぐらい食べればいいですか」
「たんぱく質って摂り過ぎても大丈夫ですか」
と質問されました。

数名から同じような質問が来るってことは、
他の方もきっと気になってるんだろうなぁーと思い、
ここでフォローを
でも、細かいところまでは書ききれないので、
そのうちまた再演する
栄養セミナーたんぱく質編にお越し下さい。
セミナー聴いた方は振り返ってみて〜!

量に関しては、厚生労働省が出している
「食事摂取基準」に年齢別に掲載されているので、
そちらで確認できます。
でも、補足に
真の望ましい摂取量は個人によって異なり、
個人内においても変動するため
真の望ましい摂取量は測定することも、
算定することもできない
とあります。
要は目安にしかならないってことですねー
でも、これ下回ってる人が、
ほとんどだと思います。

ちなみに、肉100g=たんぱく質100g
では無いのでご注意を

たんぱく質は
・体の調子
・調理方法
・アミノ酸組成による違い
など、色々絡み合って影響するので、
食べたもの全ては吸収されません。
特に、胃腸が弱いような方は、
肉や魚を食べると、胃が痛くなって少量しか食べられない。
プロテインすら沢山飲めない(受け付けない)。
って感じです。
(食べられるって健康な証拠よ

栄養療法をしているお医者さんで、
プロテインを勧めている藤川徳美先生も
よく嘆いています。
プロテインすら飲めないほど弱っている。と。
回復してくると、徐々に量を飲めるようになるそうです。

胃腸も消化酵素もたんぱく質を材料として作られているので、
そもそもたんぱく質が不足して不調な状態なんですね。
そりゃ受け入れられなくて当然

「たんぱく質を多く摂ると腎臓機能が下がる」
まことしやかに言われてますが…
研究結果の根拠が、調べた限りでは今の所ありませんでした。
それに、過剰症が認められている栄養素には
↑食事摂取基準に上限値も合わせて記載されるんですが、
たんぱく質の上限は記載がありません。

確かに、たんぱく質に含まれる窒素の処理に
腎臓がフル活動します
だからと言って、機能が下がる!とも言い切れませんし、
逆に大丈夫!とも言えない。(笑)

だって、アルコールを飲んだら肝臓フル活動するけど、
亡くなるまで肝臓機能が元気な方も沢山いらっしゃるでしょ。
でも、肝臓悪くする人もいたり。
それと同じですよ

一つ断言出来るのは、
たんぱく質不足は身体に大きな影響を与える
ということです。
よくわからない摂り過ぎの影響を考えて
摂取量を減らすよりも、
しっかり摂ることを意識する方が先

その長年悩まされている冷え性や偏頭痛も、
やる気が起きないのも、すぐ疲れるもの、
たんぱく質不足が原因って事が多いに考えられます。

ちなみに、皆さんご存知(?!)のように
私は結構ガッツリと肉魚に卵を食べてますが…
それでもたんぱく質不足を指摘されるほどです
血液検査の結果がみられます)
不足を指摘はされますが、
↑のようなプチ不調は皆無ですけどね〜

すでに終わってしまった栄養セミナーも、
再演をするつもりでいるので、
しっかりと学びたい方や疑問が残る方は
そちらに参加してみて下さいね〜

セミナー開催情報はLINEでキャッチできます
LINE@に登録しておいて下さい(無料)

↑タップしてね

たんぱく質を摂りすぎると?!” に対して1件のコメントがあります。

  1. syu より:

    タンパク質不足を、毎日市販のプロテインで補っても支障はないですか?

    1. 松丸まき より:

      大丈夫ですよ!
      ただ、毎日となるとプロテインの質も気にされた方が良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です